Marineris Pro-Wrestling~マリネリス峡谷~

marineris7.exblog.jp ブログトップ

6月6日の戦績。

第1試合 エクストリームルールマッチ 60分1本勝負
          
ザ・マリナー   アカツキ   コスモス○
           19分54秒 


第2試合 タッグマッチ 60分1本勝負
          
 マリネリスコング     アナコンダバイス     コスモス
○ダーク・シュナイダー     20分17秒       JJジョッパー● 


第3試合 シングルマッチ 60分1本勝負
          
中西学   両者リングアウト   ケンドー・カシン△
           16分40秒 



*オレンジ色が自キャラ。



 
*感想*
この日は全3試合が行われました。


第1試合はコスモスさんとのエクストリームルールでのシングルマッチ。
迷走中のマリナーですが、この試合でもボディ攻め中心。
コスモス得意の膝蹴りも相まって、互いのボディをいじめあう試合に。

ただやっぱりこのボディ攻めもイマイチしっくりこないですね。
和葉の時はすんなり溶け込んだんですが、
マスクマン的にはこういう執拗な一点攻めはイマイチ似合わないのかなー。

どちらかというと、されるほうが栄えるかもしれないですね。
黒ライガーを意識して、飛び技を控えめにしてましたが、
もう一度調整しなおして、マスクマンらしいマスクマンに生まれ変わろうと思います。

フィニッシュやシグネといった骨格部分は変えませんけどね!

試合はマッドスプラッシュを耐えたコスモスが、
オリジナルフィニッシャーのアカツキでピンフォール。
ファイヤーマンズキャリーからのカッターというハワイアンスマッシャーのような技でした。


第2試合は最近オリキャラ持ちが4人揃うと恒例になってきているオリジナルタッグマッチ。
自分はコングでカルさんのダーシュと長身コンビを結成。
コングのモデルがノートンなので、勝手にジュラシックパワーズと名乗ってますw
対するはコスモスさんのコスモス&ろっくさんのJJJ組。

序盤からパワーでおす戦いをしつつ、
結構受けに回るように試合をしてました。

うまく連携するコスモスJJJ組に翻弄されながら、
それでも受け終わりに全然効いてないぞアピール。
やられてやられて、一発で反撃、という形をコングの序盤の戦い方にしてます。

そして、相変わらずダーシュは股間を握りつぶしてました。

終盤、比較的やられる側だったジュラシックパワーズが反撃。
シグネチャーがたまると、相手タッグを分断。

コングは場外でコスモスにキャプチュード。
実はベアハッグがしたかったんですが、失敗しました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

場内ではダーシュがフィニッシャーのダーシュボトム。
フォールに行くも、これはコングを振り切ったコスモスが間一髪でカット。
コングもそれを追いかけ、リング内に4人が入り乱れ。

再びコングがコスモスを捕らえると、
ダーシュはファンフェイバリトからJJJに必殺のアナコンダバイスへ!

すぐさまコスモスはキップアップで立ち上がるも、
コングが「うるさい黙ってろ」的なハエたたきでダウンさせ、
キャメルクラッチで押さえ込む間に、JJJがタップ。

ほんとは自分もここでアナコンダバイス出したかったんですが、
タイミング的に難しかった(´・ω・`)


コングとダーシュは相性良さそうです。
お互いチョークスラム系のフィニッシュ技なので、
うまくやれば破壊兄弟のようなコンビになれそうな予感。

ダーシュボトム→コング足踏み→起き上がりにマーシャンラリアットや、
コングの大熊殺しからダーシュのアナコンダバイスなど。
豪快なタッグチームになりそう。

ただそうなってくると対戦相手が問題ですね・・w(レスラーの体格的に)
同じコーナーより、逆側にいたほうがやりやすいのかも。
やっぱりカルさんとはタッグパートナーというより、
対戦相手というほうがしっくりくるのかもしれないですねー。


第3試合はそのカルさんとシングル。
これまた因縁の中西vsカシン。
多分こういう因縁の対決みたいなのをやってるからライバル視してしまうんでしょうw

試合は序盤から中西をおちょくるカシン。
すぐに場外に下りると、中西を挑発。
愚直な中西は、それに乗って自分もリング下に降りると、
すぐさまリングに戻るカシン。

リングに戻ると、再びリング下に降りようとするカシン。
しかし、エプロンで中西がカシンを捕まえリングに投げ入れる。

本当にありそうな試合展開で笑ってしまいましたw

中西のパワーに苦労しながらも、隙をついて急所打ちし、
腕攻めをみせるカシン。

そうやってまともな試合をやってるかと思えば、
またリングを降りて、花道へ引き上げる。
どこまでも自由気ままなカシンに、中西も真正面からぶつかる。

中西はダッシュで追いかけると、逆にカウンターのネックブリーカー。
わかってたのに!わかってたのに!w
中西使ってる以上、追いかけないわけにはいきませんw

再びリングに戻り、カシンのサブミッション地獄も、
やはりその野生のパワーで跳ね返す中西。
どこまでも真っ直ぐで不器用な男です。

しかし、そんな男をからかい弄ぶのがカシン。
なんと中西へまさかのアルゼンチンバックブリーカー!
これをやるためだけにシグネチャーに入れていたようでw

さらにはフィニッシャー盗みでヘラクレスカッターまでやる始末。

さすがにこれには中西もぶち切れ、猛反撃!
しかし中西が攻め疲れを見せたとみるや、カシンはリング下に逃亡。
再び花道へと引き下がっていきます。

怒りの収まらない中西は、すぐさまカシンを追いかけ、
今度はカシンにネックブリーカーをさせず、スピアー!
そのまま花道でカシンと乱闘を繰り広げ、
気づけばレフリーが場外カウントを数え終わっており、両者リングアウト。

結局決着はつかず。
きっとゴングがなった後も、
カシンは中西に腕ひしぎ逆十字固めをかけていることでしょうw

試合後のカシン「今日はバカな技を使っちゃったよ。」だそうですw


こういう試合も楽しいですねー。プロレスの幅を感じます。
両者リングアウトは未だにカルさんとしか出来てませんw

いつかヒロさんでもやられそうだw
(ヒロ斎藤はG1のリーグ戦で全試合両者リングアウトの離れ業をやった男です。)


そんなわけで、この日も一緒に遊んでくれた皆様、ありがとうございましたー!
[PR]
by mariner-v | 2010-06-07 21:34 | オンライン対戦

PS3版WWE SvR(エキプロ)シリーズ、WWE'12のプレイ日記。


by mariner-v
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite