Marineris Pro-Wrestling~マリネリス峡谷~

marineris7.exblog.jp ブログトップ

本日の戦績。

第1試合 スティールケージマッチ 60分1本勝負
          
●HISASHI     ケージから脱出     マリンマスク
              21分41秒


第2試合 シングルマッチ 60分1本勝負
          
ワイルド・ペガサス  ムーンサルトプレス  オーエン・ハート○
                 16分08秒


第3試合 シングルマッチ 60分1本勝負
          
△カル=ス    両者リングアウト     サトヤ・クドウ
            24分43秒


第4試合 女子シングルマッチ 60分1本勝負
          
マリンマスク    マリンスペシャルα    ヒョウ・サメジマ●
                17分26秒


第5試合 シングルマッチ 60分1本勝負
          
ワイルド・ペガサス ダイビングヘッドバッドから体固め クリス・ジェリコ●
                   18分30秒


第6試合 シングルマッチ 60分1本勝負
          
●棚橋弘至    スリーパーホールド     鈴木みのる
             23分12秒



*オレンジ色が自キャラ。



*感想*
ここんとこ本日の戦績なのに、昨日の戦績になりつつありますw
でもこの際気にしない(・ε・)キニシナイ!!

というわけで、本日はシングルマッチ6試合が行われました。


第1試合はHISASHIさんとスティールケージでシングル戦。
スティールケージマッチの割りに、しっかりプロレスしてました。
終盤までどちらもケージを出ようとせず。

ただこの試合で初めて、ケージのドアに近いコーナーで
雪崩式ブレーンバスターが出ると、衝撃でドアが開き、
投げた方が這いながら出ようとするというモーションがあることに気づきました。
投げられた方はこれまた這いながら追いかけます。

ケージを登る時のアクションと同じで、ゲージをためて逃げ・追いかけ、
この試合では追いつけたので、その後すぐにドアが閉まりました。

特殊ルールでは、まだまだ知らないことがたくさんありそうです。


この試合男マリンマスクで挑んだのですが、マリンマスクに致命的な弱点を発見。

フィニッシャーが両方フォール技なので、
フォール無効のルールだとマリンスペシャルが出せない・・・。
この試合も、ライオンサルトが出せず、ニードロップになってました。

これはなんとかしなければ・・・。
試合は、そのニードロップ式マリンスペシャルでダウンさせた隙に、
なんとか離脱成功。マリンマスクの勝利となりましたー。


第2試合は、早速ワイルド・ペガサスのデビュー戦。
デビュー戦の相手はオーエン・ハートと決めてたので、
カルさんを発見次第すぐにメールを送りましたw

ただ、まだペガサスになれておらず、ミスも重なりイマイチなデビュー戦に。
ワイルドボムこそ出せたのですが、ダイビングヘッドバッドや
連続ジャーマンなど出すチャンスを逃してしまいました。

試合構成をしっかり練ってから、もう一度やりたいですね。


第3試合は、たまたま野良を覗いたら、日本国旗が!
突撃!→カルさんだったという。

新人さん開拓を邪魔した気がしますが、
せっかくなのでいつものオリジナル対決をさせてもらいました。

毎度毎度、試合のクオリティがあがっていってる気がします、
このカル=スとサトヤの試合。
現在の戦績は2勝2敗の五分と五分。勝ち越しをかけた大きな一戦です。

しょっぱなから闘志むき出しで、ダッシュで突っ込み、
カル=スをエプロンに投げ、場外へ落とそうしますが、
うまくいなされて、自分が場外へ落ちる形に。

ナイスリバーサル!
いきなりの熱い攻防で、興奮しましたw
その後、今度は逆に自分が同じことをやり返しましたw


そして珍しく今回は、いつもやられてる足攻めを逆にやり返すという作戦をとりました。
レッグシザース→ニークラッシャー→アンクルホールド、
立ち状態からアンクルホールド→ニークラッシャー→アンクルホールドと、
いつもなら1度くらいしかやらないムーブを結構多めに使用。

さらに飛び技も、いつもはトペ・コンヒーロを必ず出すのですが、
今日はあえて使わず、トップロープから場外へのフライングニールキックを敢行。


そして中盤からお互いフィニッシャーである足四の字固めとクロスフェイスを出し合い、
ハイペースな試合になってきました。


そしていつもと違う試合展開に、更なるアクセントが加えられました。

カル=スによる、掟破りのアサイDDTが炸裂。シグネチャー盗みです。
得意技を盗まれ精神的なダメージを与えられ、
さらに足四の字固めで肉体的なダメージと、一気に窮地に立たされました。

なんとかリバースして逃れた後、すぐさまキップアップで反撃。
怒りのダークネスバスターを放つも、カウント2で返される。


両者一歩も引かぬ中、カル=スも負けられなかったのでしょう。
数多くカル=スと試合をやってきましたが、初めて見ました。

カル=ス、場外へのトペ・スイシーダ!

あそこをミスなく一発で決めてくるとは流石ですw
場内へ戻り、最早カル=スの勝利かと思われたのですが・・・。

カル=スが、この試合を締める技に選んだのが、
クロスフェイスでした。

そう、ここでもフィニッシャー盗みを持ってきたのです!

自分の技でギブアップすることは出来ません。
ここでサトヤの怒りが大爆発!

クロスフェイスを返し、すぐに猛攻を仕掛けました。
そしてトラースキックで場外に蹴落とし、
ここで温存していた、トペ・コンヒーロ!

頼む決まってくれ!と祈りながらダイブしましたw
気持ちが乗ったのか、ロープには触れずに綺麗なトペ・コンヒーロが飛べました。

これでテンションが上がり、このままなるようになれと暴れまわりました。

そして場外カウントが8と告げられた時、
一切の迷いなく、場外でクロスフェイス!


試合は両者リングアウトという形でドローに終わりました。


完璧な決着戦フラグが立ちましたw
次の試合はお互い血まみれの決着戦になったらいいなーw



第4試合はヒョウvsマリンマスクの、これまたアングルつきのシングルマッチ。
カル=スとサトヤの対決が同世代の抗争であるなら、
この試合は、団体対抗戦といったところですね。


前回ジャックハマーで完敗させられていたので、
この試合は是が非でも勝ちを印象付ける形の勝利が必要でした。

試合開始直後から、前回の試合を引きずっているかのように、
いきなりファンフェイバリトを使用し、マリンスペシャルαを披露!

その後は前回の試合同様、落ち着いた試合で、
ロメロ・スペシャルやメキシカンストレッチなどのジャベをみせつつ、
飛び技やフライングヘッドシザースなど、ルチャドーラっぽく試合出来たんじゃないかと。

ヒョウの膝蹴りやドロップキックに苦戦しながらも、
勝負どころと見るや場外に蹴落とし、トペ・コンヒーロ!
うーんトペコン好きだなー俺w

前回かわされたので、今回は綺麗にあてれて良かったです。
すぐさまヒョウを場内に戻す。
赤く輝くモメンタムゲージ、沸き起こるマリンコール。


今こそ前回のリベンジを果たす時!


師匠、覚えていますか。
あの時あなたは言いました。

師匠『ちょっとたのみがあるんだ。』
マリン「たのみ?いいとも!人のためになることならよろこんで!」
師匠『俺、今ムシャクシャしてるんだ。おまえをけとばさせてくれ。』
マリン「そんな!」

師匠『人のためになりたいんだろ!』


あなたはいつも理不尽でしたね、師匠・・・いえ、ジャイアン。



あ!このくだりいらない。


そんなわけで、最後はマリンスペシャルαを繰り出し、
見事昨日のリベンジとなりました。

次はもっと相手の力を引き出した上で、勝利できるように善処します(`・ω・´)


第5試合は・・・、ってまだ2試合残ってるのにもうすでに尋常じゃないほど長文w
まぁ、いいか。誰もここまで読んでないだろうから意味のないことを書いておこう。

プロレスチャットじゃないか!!!!

スッキリ!
では第5試合。いりまめさんとのシングルマッチ!
対戦カードはワイルドペガサスvsクリス・ジェリコ。

クリス・ベノワとしては、ジェリコとやってます。
ライオンハートとしては、ペガサスとやってます。
でもワイルドペガサスとして、ジェリコとはやってない!

というわけで夢のあるカード。

ただ第2試合同様、あまり戦い方を練れてないので、ここでもミス連発。
連続ジャーマンを3回もだすというミスをしました(´・ω・`)
前回出せなかったからって出しすぎた。

オマケにフィニッシャーのダイビングヘッドバッドに行く前に
首かっきりポーズ入れ忘れてしょんぼり。

ただまぁだしたいと思ってた技は出せたのでまぁよしとします。
次ペガサス使うまでにしっかりプランを練っておかねば。


第6試合、本日最後の試合はろっくさんの棚橋弘至vs鈴木みのるの一戦。
結構このゲームでみのるらしい動きというのは難しいのですが、
この試合はある程度それっぽい雰囲気は出せたかなーと思いました。

序盤は腕攻めをして、アームバーに持っていくプランでいたのですが、
棚橋の執拗な足攻めに、みのるも対抗する形でこちらも足攻め。
アキレス腱固めで追い込む形に。

さらに棚橋を流血させ、そこから馬乗りパンチで血だるまに・・・。
この時点でちょっと負けフラグがたってましたw


この試合、悔やまれるのは、ゴッチ式パイルドライバーを出そうとして、
間違えて逆落としを出してしまったこと。
やっぱり最上級のフィニッシュホールドは逆落としかなと思うんで、
試合を決めに行く前に出してしまったのは失敗でした。


最後棚橋のハイフライフローをリバーサルで返し、
スリーパーホールドからゴッチ式で終了!と頭で描いていたのですが、
ゴッチ式に行く前のスリーパーで誤ってギブアップをとってしまう格好に。

思い通りにいけてれば、ほぼパーフェクトな試合内容だったんですけどね。
決める気のない終盤でのサブミッションは、出来るだけかけないように気をつけます。



というわけで、かなり長くなりましたが、本日の戦績は以上。
ここまで読んでくれた貴方!愛してまーす!

そして本日も試合をしてくれた皆様、ありがとうございました!
[PR]
by mariner-v | 2010-04-25 13:16 | オンライン対戦

PS3版WWE SvR(エキプロ)シリーズ、WWE'12のプレイ日記。


by mariner-v
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite